検査・診断

住宅の検査・診断=住まいのカルテづくり

「住宅購入時」「メンテナンス時」「リフォーム時」等、いろいろな場面で住宅の検査・診断は有効です。
「住宅のコンディション」=“健康状態”をきちんと把握することで、購入の判断やメンテナンスにかかる費用の準備、費
用対効果が優れたリフォームが可能となります。
住宅の健康診断の主な視点は「劣化状態」をつかむことです。建物の劣化は長年風雨にさらされて進行していきますが、
問題は雨水が「建物内部」に入りこむことで構造体や目に見えない部分の腐朽等が発生することです。
日頃目に触れない部分の確認と、雨水が入りこむようなひび割れがないか、また雨漏り跡等雨水が入った形跡がないか
を確認します。そしてひとつひとつの状況を総合的に判断して住宅の健康状態を判断します。
つまり住宅の検査・診断は “住まいのカルテづくり”といえます。


耐震診断・耐震補強設計について

1981年(昭和56年)6月以前に建築された建物は旧耐震基準のため耐震性に問題がありますが、実は2000年(平成12
年)に阪神大震災を受けて耐震基準が変更されています。1981年以降であれば新耐震基準なのですが2000年までに
建築されたものの中には現行基準を満たさないものもあります。
耐震診断を行うことで現在の耐震性能を把握し、それをもとに補強を考えていくことになります。耐震補強工事を検討
される際は、補強工事の他に併せて実施することでコスト等メリットが出る場合がありますのでその点も含めて提案さ
せていただきます。

以下の項目に一つでも該当する場合は耐震診断を実施されることをお勧めします。


松戸市の耐震診断士に登録しておりますので、松戸市にお住まいの方は、条件を満たせば、耐震診断費助成制度、
耐震改修費助成制度が利用できます。